みんなの好きが仕事になる!願いを軸に動きだす方法

buisinessビジネス
ビジネス

お客さんは、必ず選ぼう!おすすめする5つの理由

初めて自分のビジネスをはじめる時、とにかく大事なことは、お客さんを選ぶということです。 
「誰にでも提供してあげたい!」
「どんな人にも平等に力になりたい!」
そんな風に感じるのってすごく分かります。
 
俺も『ひとりの人をイメージして伝えると、結果的にはたくさんの人に伝わる』という知識はずいぶん前から知っていたのですが、なかなかそれを守れてこなかったんですね^^; 本当に力になれるんだったら、どんな人にだってサービスを提供したいなって思っているからなんですよね。それから、条件をいろいろ絞ってしまったら、届けられる人が減ってしまうんじゃないかっていうおそれもありました。
 
でも、やっぱり今、お客さんを選ぶことって、めっちゃ大事だなって思っているんです。
売上をある程度立てて行くためには必須ですし、まずは3万円稼いでみたいっていう人も、大事にした方がいいと思っています。
 
めっちゃ大事なことなので、その理由を、今回まとめます^^
 
*関連記事
 自分らしいコンセプトが詰まった、伝わる商品の作り方
 http://shota888.com/post-229/
 

1 あなたがスイッチが入る人にサービスを届けるため

前提として、”大好き”を”仕事”にしたいあなたなのですから、あなたにとっていくらでも力を発揮したくなってしまう人に向けてサービスを提供するのは、大事なことです。
あなたが一緒にいてエネルギーが下がってしまったり、疲れてしまったり、つまらなかったりしてしまう人というのは、あなたのお客さんではありません。
きっと、その方にあう別の人がいますし、合わないあなたがサービスを届けるのは、お互いにとって良くないですよね。
一緒に生きて生きたい人と生きていけることが、”大好き”を”仕事”にしたい理由のひとつではないでしょうか?
だとしたら、お客さんはそういう人にするのが良いですよね。

2 あなたを求めている人にサービスを届けるため

あなたが力になれる人は必ずいます。でも、人類全員に対して力になれるわけではないですよね。
あなたを求めていない人にあなたのサービスをアピールしても、届かないわけです。
でも、あなたと出逢うことをずっとずっと待っているっていう人も、存在しているわけなんですよね。
だから、あなたを求めている人に対して、力になってあげれば良いのです。
あなたの力を求めている人に対して、届けられた時、感動して喜んでくれるのです。
だからこそ、自分は誰の力になれるのだろうか、ということを明確にするのは大事なのです。

3 お客さんに、自分に関係のある話だ!!って思ってもらえる伝え方をするため

人は基本的に、自分に関係のある事しか興味がありません。
そして、関係があるって思うときには「自分の問題解決」もしくは「願望が叶う」っていうのを感じた時なのです。
そして、そのことを具体的に伝えてあげないと、そのセンサーにはヒットしないのですね。
 
例えば『あなたのために何でもします』っていうサービスをやっているなんでも屋さんがいたとして、あなたはその人に何をお願いしていいのか、気になるのではないでしょうか?
ウェブについて知りたいと思っていたとしたら、このなんでも屋さんは、それを教えてられるスキルがあるのかも分からないし、
自分の個性について知りたいって思っていたとしたら、同じくこのなんでも屋さんにそれを伝える知識があるのかも分からないわけです。
そんなとき、あなたは主体的に「〇〇できますか?」て質問するでしょうか?
大抵の人は、良く分からないから通りすぎていくことでしょう。
そもそも、常に悩みや願いについて考えているわけではないので、なんでも屋さんがいても何とも思わず通りすぎてしまう人が多いのです。
具体的なことについて伝えてもらった時に初めて、それが自分にとって関係があるかどうかという判断する段階にすすめますが、何でも屋さんは判断する情報もないので、何とも思わず通りすぎてしまう可能性が高いのですね。
 
だから「こんな人のこんな悩みを解決します」ということを具体的に伝えることが大事なのです。

4 きめ細やかなサービス内容を伝えるため

同じことを提供しているようでも、それがどんな人なのか、によって提供することは変わってきます。
例えば、起業コンサルという仕事であっても、まったくサービスを提供したことがない人なのか、それともある程度経験しているけれども売り上げが伸びていない人なのかで提供することは変わりますよね。
パートナーシップについて伝えると言っても、今まで全く恋人ができたことがない人なのか、相手はできるけれどもその先がうまくいかないのかということでも変わってきます。
もちろん、どんなお客さんであってもコミュニケーションをとっていけばその人に合わせて必要なことを提供すれば良いのですが、人は、具体化されたものをみて認識できるので、サービスを伝える時にはしてあげることをなるべく具体的にきめ細やかに伝えたいわけです。
対象者が設定されていないと、その部分の説明がどうしてもぼやけてしまうのですね。それって本当はあなたができることがあるのに、すごくもったいないことなのです。
あなたが提供してあげられること、あなたの持っている力があるのですから、なるべくあますことなく、伝えられると良いと思うのです。
そのためには、お客さん像が明確である必要があるのです。

5 対象者が明確だからこそ、適正価格を付けられるから

そもそも価格ってどうやって付けるかいったら、変化の度合いなのですね。
どんな人が、どんな風になるのかというその幅、ビフォーアフターが、価値なのです。
その変化に対して価格を付けていくのですが、それがないと、時間に対していくらというような付け方をすることになります。
2時間のセッション〇万円です、というようなかたちですね。そうすると、それだけ劇的な変化をすることができたとしても、同じ価格ということになってしまいます。
あなたのなかでは同じことをやっているようでも、誰に対してどんな変化を起こすのかということで、価格って変わるんですね。
だからちゃんとあなたのサービスを柱として、しっかり循環させていくためにも、お客さんを選ぶことはとても大切なのです。 

お客さんを選ぶことが不安なあなたへ

さて、ここまでお客さんを選ぶということについて、書いてきました。
でも、もしかしたら、分かってるっていっても、難しいって思いますか?
もしこんな不安があるとしたら、その項目について読んでみてくださいね^^

● 商品を届けたい人が、自分でもよく分からない

最初から明確に分かる人なんて、いないですよね。分からなくても大丈夫!!
そんなあなたは、ど真ん中ではないかもしれなくても、直感的に決めてみてください。
やり始めてから、何度でもやり直すことはできます。初めてから軌道修正していけば大丈夫です。 

● いろんな対象者に対して、サービスを届けていきたい

その想いは素敵ですし、最終的には、全部やるのが良いと思います^^
が、ひとつひとつ、かたちにしていくのが大事かなーと思います。やっぱり自分の活動をする時って、日々の情報発信なども大事になってきます。
自分の力になりたい人の役に立つ情報を発信していくのですね。
その時に、いくつも軸があると混乱してしまうので、ひとつをまずかたちにして、ある程度育ったところを軸を増やしていくみたいなかたちにすると、いいのかなあと感じています。

● お客さんにできる人が減ってしまう気がする

大丈夫です。むしろ絞ったほど、お客さんはやってくると言われています\(^o^)/
なぜかというと、同じ悩みを持つ人ってこの時代、どんなに絞ってもたくさんいるからです。
日本全国に1.2億人の人がいるわけですよね。そのなかで、1万人に1人に対象者を絞ったとしても、12000人の役に立つわけですよね。
それくらいお客さんがいたら、どうでしょうか??むしろそんなにお客さんがいたらこまりませんか?w
だからこそ、コンセプトをとがらせて、求める人にたいして、ちゃんと届くように発信していくということの方が大事なのです。
 
 
この記事は以上になります^^
読んでくれて、ありがとうございます!

Category : ビジネス
***

読んでいただいて本当にありがとうございました\(^o^)/少しでもお役に立てたとしたら、嬉しいです^^

さて、『好きを仕事に』 『願いを軸に生きる』 ということについて、リアルタイムで感じていることを、LINE@で配信しています。1対1でのやり取りができるので、相談などあればお気軽にどうぞ^^

また、5つの無料特典を用意しています。
● Facebookで運営している、これから“大好き”を”仕事”にしたい人に向けたグループへご招待。3万円を稼ぐマニュアルも配布中!
●生年月日と出生時間であなたの才能が分かる!?マイダンジョンカードをひきます!

などなど、ぜひ、ひとつのきっかけ、気付きや行動のための環境づくりのひとつとして、使ってもらえたら嬉しいです^^

LINE@のご登録・5つの登録特典のご案内は
⇒ こちら!

清野翔太

2015年公務員を退職後、路上でのアート活動を開始し1000人の人へ作品を届ける。2016年にSound Soulsに出逢い、これまでに延べ200人以上に体験を提供。多くの人の人生を変える。ひとりひとりが個性を最大限発揮しながら、いきいきと生きる世界を目指し、夢を確信に変える体験をクリエイトしている。
*詳しいプロフィールは、上の『清野翔太』をクリック(タップ)すると見られます^^

コメントを残す





CAPTCHA


ブログ一覧へ戻る