みんなの好きが仕事になる!願いを軸に動きだす方法

gift個性・才能
個性・才能

アドバイスが好きな人嫌いな人

人の違いについて知るのが
とても楽しい。
今まで深めてきた、個性の話を
シェアしてみよう。
 
時間軸のどこに
意識があるのか?という
違いがある
 
ざっくり
『未来』『今』という2つを見てみよう
 
(Sound Soulsでいうと、
 眉間とみぞおちを題材にしている)
 
  
『未来』の人は、
今この瞬間にない”可能性”をみている
 
だから、
現状は関係ない。
これから起こる変化にワクワクする。
 
可能性に溢れる人を愛する。
その可能性にときめき、
その愛をこめて、
どんどんアドバイスをする。
 
それは、可能性への
無条件の愛ゆえのアドバイスだ。
 
それをすることで、
その人がどんな変化を
見せてくれるんだろう?という
ところにわくわくするのだ
 
 
対して、
『今』の人は、
今この瞬間がどうなのかというところに
意識がある
 
だから、
こうしたらもっとよくなるよ!!
 
というアドバイスはつまり
「今は違うってことだね」
と捉えて、落ち込む
 
だから、アドバイスは嫌い。
 
アドバイスなんていらないから、
ずっと褒めていて欲しい。
 
 
 
コミュニケーションでは、
今目の前にいる人が、
自分のことをどのように見ているか?
ということを感じ、
それに合わせた距離感や
配慮をするのが得意だ。
 
土足で踏み込むなんて
絶対にしない。
 
空気を読めない人のことが
理解できない。不愉快である。
 
その結果恋愛では
奥手になりがちだ。
 
 
 
『未来』の人にもどると、
可能性に視点があるので、
 
現状の距離感は関係ない。
 
自分が踏み込んだら、
仲良くなれるかも、
面白いものが出てくるかも、
という変化する先をみている。
 
だから、
振り向いてくれるか
分からない人のところに
ガンガンいける。
 
『今』の人からすると
土足で足を踏み込むような
ことをするのだけど
 
結果、変化が起こるのが
あたりなのだ。
  
 
 
で、アドバイスという話で
最後にまとめると、 
 
褒めてから、アドバイスをする
ということを、
 
「未来」の人は意識すると良い
 
未来の人にとって、
褒める事は楽しくないことなのだ。
可能性への無条件の愛が
ある人にとって、
その人が素晴らしいから
アドバイスをしてあげているからだ
 
だけど、
「今」の人は、
自分が今良い感じにやれているって
いうところを認めてもらえないと
その先を聞きたくなくなってしまう
 
だから、
意識的に褒めて、
改善点は後に伝えて、
 
さらにまた褒めて、
また別のアドバイスをする
 
ということを
意図的に取り入れると
結果的にアドバイスを
聞いてくれる人が増える
 
 
 
逆に今の人は、
意識としては変化が起こるなんて
感覚的にはあまり信じられない
のはしょうがないのだけど
 
うごいたら
変わることもあるんだっていうことを
頭で理解して、
行動してみるチャレンジができると
本当は望んでいることを
手に入れるスピードがはやくなる
 
それから
「未来」のような
人がいるんだっていうことを
知っているだけで、
 
ああ、愛してくれているから
いってくれてるんだなーって
ちょっとショックが和らぐと思う
 
 
 
てな感じで、
昨日Sound Soulsの話をして
おもしろいなーって思ったので
ひとつまとめてみた
 
人っておもしろいなー\(^o^)/

Category : 個性・才能
***

読んでいただいて本当にありがとうございました\(^o^)/少しでもお役に立てたとしたら、嬉しいです^^

さて、『好きを仕事に』 『願いを軸に生きる』 ということについて、リアルタイムで感じていることを、LINE@で配信しています。1対1でのやり取りができるので、相談などあればお気軽にどうぞ^^

また、5つの無料特典を用意しています。
● Facebookで運営している、これから“大好き”を”仕事”にしたい人に向けたグループへご招待。3万円を稼ぐマニュアルも配布中!
●生年月日と出生時間であなたの才能が分かる!?マイダンジョンカードをひきます!

などなど、ぜひ、ひとつのきっかけ、気付きや行動のための環境づくりのひとつとして、使ってもらえたら嬉しいです^^

LINE@のご登録・5つの登録特典のご案内は
⇒ こちら!

清野翔太

2015年公務員を退職後、路上でのアート活動を開始し1000人の人へ作品を届ける。2016年にSound Soulsに出逢い、これまでに延べ200人以上に体験を提供。多くの人の人生を変える。ひとりひとりが個性を最大限発揮しながら、いきいきと生きる世界を目指し、夢を確信に変える体験をクリエイトしている。
*詳しいプロフィールは、上の『清野翔太』をクリック(タップ)すると見られます^^

コメントを残す





CAPTCHA


同じカテゴリーの記事5件

ブログ一覧へ戻る