みんなの好きが仕事になる!願いを軸に動きだす方法

happiness幸せ
幸せ

幸せと豊かさを生み出す心のありようについて

2018年4月8日に、石川英明さんを講師に迎えて、『平和で豊かな世界を創る』というテーマで、石川さんのお話会&シェア会を開催しました^^

石川さんについてはこちら^^
 
もともと、石川さんが「人前で話したい!!」という気持ちが湧いてきたらしく、翔太に場をつくって欲しいという依頼を受けたのがこのイベントのきっかけでした。が、あれから4カ月が過ぎ、「もう別に人前で話したいという気持ちもないんだよねー。そして平和で豊かな社会、やっぱりつくりたいな!って思って発信したけど、それも今はどっちでもいいかなーって思っていたりするんだよねw」という石川さんの正直なシェアで笑いに包まれながら、イベントが始まりました\(^o^)/おもしろすぎる!笑

シェアを挟みながら、平和と豊かさについてのお話を聞いて、ワールドカフェという対話の手法を使いながら、シェアをしました。俺は、このワールドカフェがもともと大好きなのと、メンバーがみんな素敵な人ばかりだったことも重なって、この場自体がとても豊かで幸せを感じるものでした(●^o^●)この場をつくることができて本当によかったです\(^o^)/

で、こういうときはこの場でどんなお話を聞いたか、というレポートになるのが通常だと思いますが、今回いろんなインスピレーションが起こって、自分のなかで化学反応がおこり、整理されたいろんなことがあったので、翔太的に見出したもろもろについて、シェアしたいと思いましたw ので、シェアします!!

以下は、石川さんやみんなとのシェアを元に、翔太のなかで合成されたおはなしでございます^^

▼平和で豊かな世界を創るとはどういうことか?

違うもの・異質なものが、共に活かし合って幸せに生きるためのシステムを創っていくこと。それは、まず自分のこころの中でそれを創っていくこと。そしてそれが出逢った誰かや、パートナーと共により大きなシステムとなり、チームや家族のシステムとなり、地域や社会のシステムと拡大していくことなんだと思いました。

▼調和とは、アワ(女性性)とサヌキ(男性性)のバランスが取れた状態

違うもの・異質なものが、共に活かし合って幸せに生きるためのシステムとは、どんなときに完成された状態かというと、アワ(女性性)とサヌキ(男性性)のバランスが取れた状態なのです。その時、個人の話でいえば幸せで、こころの調和がとれた状態であるし、その幸せには現実が伴ってうまくいきやすくもあります。会社もその状態ができていれば、うまくいきます。アワとサヌキについては、イベントの中で受け取ったお話と、今までの自分の蓄積を整理すると、このような感じになりました。

人間は、そもそも豊かさで、多様性があり、無限の可能性の存在する中で生きていきます。しかし、現実にしていく・決断していくというときには、何かを選択することが必要となってきます。そして選択するということは、他の可能性を手放すということでもあります。ですので、今受け取っているものは、無限の可能性だったものが、ひとつになったものであるということ。しかし同時に、その奥行きをみると無限の豊かさがいつでも広がっているんですね。未来は、いつでも選択し直す自由が広がっています。そこには、無限があるということでもあり、無限ということは、この現実世界に置いては、無いという見方もできるわけなんです。ひとつに選択できないものは、存在できないからです。

その多様性・無限のエネルギーと、選択・個というエネルギーのバランスがとれていると、ものごとはうまくいきやすいのです。石川さんのお話でも、求心性と遠心性のバランス、秩序やつながりと、自由であること・個を認めるということのバランスがとれている会社はうまくいくということがありました。

また、個人の体験としても、自由でありたいけど、だからといってひとりにはなりたくない。繋がりをもって、守られた安心感も感じながら、でも自由でもありたい。そんな感覚って分かる人が多いのではないでしょうか?

この宇宙はすべてアワとサヌキからできていると言われています。
下の動画は、太陽系の動画なのですが、これも核となる直線的な太陽(=サヌキ)と、それをぐるぐると回る惑星(=アワ)によって構成されているのですね。

▼才能 = 豊かさとつながるポイント

どうしたら、調和を取れた状態で生きられるのか、ということですが、才能・ギフトを活かして生きることだと思います。才能って、アワ(無限)と繋がりながら、サヌキを使う(現実を創りだす)その人のポイント。その才能の差が、人としての個性なのだと思っています。

「それってどういうこと?」という感じだと思いますので、例をあげて説明します。例えば、今回のイベントのなかで、ちゅんとりなちゃんという仲良し2人組は、こんなことを言っていました。
「一緒にいるとなんだか歌いだしちゃうんだよね。そして、その時って、すごく豊かだなって感じがする」
この場合は、ふたりでいるときに発動する才能と言えるのですが、ふたりでいると、大きな絆が支えてくれて大きなあたたかい安心感がある状態であると言えます。そして、その時って、アワ(女性性)・無限性と繋がって、インスピレーションがわき出てくる状態なんですね。それを、自然に歌うという行動=サヌキ(男性性)によってこの現実のなかで表現しています。この時の、無限と繋がって、現実で表現するという流れがスムーズなとき、調和が取れているのですが、このときの無限との繋がり方と、表現の仕方が、人によって違うのですね。これが、個性だと言えます。ふたりの場合は、ふたりでいるということが、無限とのつながり方だし、うたうということが表現の仕方であり、そのような個性であり、ギフト・才能なのです。無限と繋がると、エネルギーは枯渇しないので、疲れないし、エネルギッシュなのですね。

他の参加者では、ひとりでまったり静かにする、という心地よいゾーンでいることを大切にしているという方もいました。その方にとっては、それがその人にとっての無限との繋がり方なのですね。その状態で、でてくる行動が、その人にとっての才能です。

▼エゴの望みと、本当の自分の望みの違い

イベントの中で「エゴと本当の自分の望みって、どう違うの?」という問いがあったのですが、ジャッジ・善悪を手放し、ニュートラルに戻った意識状態で望んでいることが本当の望みである、という話がありました。小さい自分の枠や制限の中、感情に囚われて選ぶ選択というのは、エゴであるということです。これは、先ほどの話で、無限性と繋がっていない状態で、行動しているという点で、バランスがとれていないのですね。どちらでもいい、どっちになっても大丈夫というなかで、どっちでもいいならこっち!っていうのが、本当の自分の望みです。無限の中から、選択するときには、現れるその人の個性があるんですね。そして、その個性が、その人の才能なのです。

▼異質なものを結びつけるのは、ユーモア

自由でありたい、でも繋がりたい。それを繋ぐものって、愛だと思うんですね。好きだなって思う気持ち。イベントの中では、リーダーシップ=好奇心っていうお話もありました。奇なるものを好きになる心です。

「わ、全然違う!でも、めっちゃそれ面白いな。」
そんな話をする所ジョージさんは、尊敬すると、石川さんが言っていました。ついつい深刻になってしまう場面でも、ユーモアという余白・自由があると、楽しく生きられるですね。そんな愛をもって、楽しく生きていきたいなあーって思ったのでした。

▼終わりに

えーと、とても雑で脈絡のない説明になりましたが、ひとまず書きたいことが書けたので終わります!\(^o^)/
きっと熟成されて自分なりに整理されていって、分かりやすく記事にする時がくるとおもいますw
何かの参考になったとしたら嬉しいです^^
よんでいただいてありがとうございました^^

Category : 幸せ
***

読んでいただいて本当にありがとうございました\(^o^)/少しでもお役に立てたとしたら、嬉しいです^^

さて、『好きを仕事に』 『願いを軸に生きる』 ということについて、リアルタイムで感じていることを、LINE@で配信しています。1対1でのやり取りができるので、相談などあればお気軽にどうぞ^^

また、5つの無料特典を用意しています。
● Facebookで運営している、これから“大好き”を”仕事”にしたい人に向けたグループへご招待。3万円を稼ぐマニュアルも配布中!
●生年月日と出生時間であなたの才能が分かる!?マイダンジョンカードをひきます!

などなど、ぜひ、ひとつのきっかけ、気付きや行動のための環境づくりのひとつとして、使ってもらえたら嬉しいです^^

LINE@のご登録・5つの登録特典のご案内は
⇒ こちら!

清野翔太

2015年公務員を退職後、路上でのアート活動を開始し1000人の人へ作品を届ける。2016年にSound Soulsに出逢い、これまでに延べ200人以上に体験を提供。多くの人の人生を変える。ひとりひとりが個性を最大限発揮しながら、いきいきと生きる世界を目指し、夢を確信に変える体験をクリエイトしている。
*詳しいプロフィールは、上の『清野翔太』をクリック(タップ)すると見られます^^

コメントを残す





CAPTCHA


ブログ一覧へ戻る